パソコン・インターネット

2015年9月 3日 (木)

Google Play Music 日本サービス開始

 いままで日本ではサービス開始してなかった、
Google Play Musicが、急に正式サービスとして日本でも
開始されました。

 しかも、ロッカーサービスが2万曲だったのが、5万曲に
拡大されてます。以前からUSアカウントで利用していて
19,690曲アップロードしていたので、もう容量的にやばいと
思ってたのですが、これでしばらくは安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

Windows10 PCが、意図しないタイミングでスリープから復帰する

 Windows10のテスト中、スリープに設定したPCが、意図
しないタイミングで復帰してしまうので、その対策をまとめて
たら、PC Watchでまとめ記事が発表されてたので、忘備録
として書いておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

4KディスプレイとWindows

 仕事で4Kディスプレイを購入して使ってもよいということ
だったので、仕事でメインで使用しているデスクトップPCに
接続して、メインモニターとしました。
 今までは、1920x1080のフルHDモニタを2つ、メインとサブで
使用していたのですが、これをメインだけ4Kに変えると、
3840x2160と1920x1080となり、縦の幅が2倍違うことに。
メインとサブは横並びなので、ウィンドゥをつまんでメインから
サブへ移動させたりすると、急にスケーリングがきいて、
ウィンドウが(実質的に)大きくなります。また、Windowsでは
スケーリングを調整できるのですが、WIndows8.1だと、それが
5段階しか設定できない!自分としては2段階目と3段階目の
真ん中ぐらいがいいと思っても、それはできません。
 結局、少し小さいDPIに設定しておいて、CTRL+ホイールで
都度スケールを調整するという、ローテクな話に。これが
Mac OSだと、もっと自由に設定できていいなぁと思う
今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

カネで解決できないISPの悩み

 Office365が発表になり、いよいよ容量無制限のクラウド
サービスがコンシューマにも現実になってきた感があります。
 しかし、PC Watchのこの記事「山田祥平のRe:config.sys
クラウドは遠きにありて思ふもの」にあるように、いざ、
クラウドに手持ちのローカルデータをuploadしようとすると、
ISPのupload制限の壁に当たります。
 実は以前、Google Musicにアカウントを作り、所有している
曲の大半をuploadしようとしていたところ、その当時契約
していたinfosphereから、upload制限で通信速度が
ものすごく遅くさせられてしまった経験があります。その時は
infosphereに「一時的なものであり、これ以上は発生しない。
またこの制限はいつ解除されるのか?」と問合せたところ、
「制限の解除は未定であり、こちらが正常と判断されるまで
続く」と回答され、その「正常」という判断はいつされるのか?
と聞いても「それは回答できない」の一点張り。
 結局、埒があかないので、すぐにプロバイダを変更した
という経緯があります。

 もちろん、プロバイダ側の立場もわかりますが、制限の
判定やその解除条件を明らかにせず、一方的に制限だけを
行うというのは、はっきりいってやりすぎであると思いますが、
今後、こういったクラウドサービスが増えてくると、このような
トラブルが増加していくんだろうなぁと思うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

Pebbleの不具合と対処法

 一時期、SonyのSmart Watchを使ったりしていましたが、
最近は、Pebbleに落ち着いています。理由は、ステータスバー
の情報が転送できることと、バッテリーのもちが十分(私の
使用環境で4日程度)であるということです。

 Pebbleは黎明期の製品であることから、頻繁にFW Verupが
されるのですが、それはともかく、FW Verupで[0xfe504504]
エラーになったり、アプリによってフリーズしたりすることが
あります。その時の対象法を防備録も兼ねて書いておきます。

 Pebbleが起動できない,フリーズする,[0xfe504504]エラーに
なる等になった場合、

1.母艦(Android/iOS端末)のBluetooth設定から、Pebbleを
 削除し、BluetoothをOFFにする。その後、母艦の電源を
 切る。

2.Pebbleの[戻る]ボタン(左上),[上]ボタン(右上),
 [選択]ボタン(右真ん中)を同時に押し、Pebbleが再起動する
 まで押し続ける(PebbleがRecovery Modeで起動してきます)
3.母艦の電源を入れ、BluetoothをON、検索からPebbleを
 検索し、ペアリングします。

4.母艦のPebble公式アプリにて、Pebbleと接続し、後は
 画面の指示に従う。

これで復旧できると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

Nexus7(2013)の802.11a

 家のルータを安価で手に入れた、WZR-1750DHP2に変えて
しばらくたつのですが、FW updateでビームフォーミングEXに
対応したと言うことで、早速FWのupdateをしようと思って
気づいたのですが、Nexus7(2013)の802.11a接続がうまく
接続されない。最初の接続はうまくいくのですが、一度、
切断して再接続しようとしたりすると、たいてい失敗する。
なんだろうと思っていろいろ調べたら、Nexus7(2013)は、
W52チャンネルしか対応していないらしい。
 802.11aは時期によって、J52,W52,W53,W56とチャンネルが
いろいろとあるわけですが、当然ながら無線APとクライアント
が同じチャンネルを使わないとつながりません。以前使って
いたルータはW52固定で使っていたのですが、今回の
WZR-1750DHP2では、802.11aのチャンネル設定がオート
になっており、それがW56チャンネルだったようです。
ということで、WZR-1750DHP2の802.11a設定でチャンネルを
W52にしたら、問題なくつながりました。あとは、これで
どれだけビームフォーミングEXの効果がでるかですね....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

無料Dyndnsの終息

 長らく使っていたDyndnsですが、以前から無料サービスを
終わらせようと色々やっていました。そしてついに、2014/5/7に
無料サービスは終了するよとメール通知がきました。
Dyndns
要約すると、「5/7に無料のホストプログラムは終了するよ。
続けて使いたいなら有料のProに移行してね。今なら、25%
ディスカウントチケットあるよ」と言うことで、完全に無料
サービスは終了となります。近年は30日毎にログインして
更新が必要とかなっていましたが、それもついに終了する
ようです。
 Buffaloのルーターで、自動更新に対応している唯一の
DDNSサービスだったわけですが、これでBuffaloルーター
対応のDDNSサービスはなくなってしまいました。
 ルーターのFWをDD-WRT等に書き換えてしまえば、
ルータでの自動更新に対応しているDDNSもありますが、
さすがに802.11ac対応の最新ルーターをいじるのも
もったいないのと、常時可動しているサーバもあるので
普通に他の無料DDNSサービスに乗り換えました。
 で、乗り換えたのがNo-IP。英語ですが、評判と規模から
問題なさそうということで選定しました。IPの自動更新は
定評のあるDiCEを、Windows Storage Serverが動作して
いるNASで実行することで対応させました。
 No-IPの登録もDiCEの設定も特に問題なく終了し、
正常に動作しています。

続きを読む "無料Dyndnsの終息"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

Windows8.1でアプリによってIMEが無効になる

 仕事用のPCはWinows8.1なのですが、事情があって
Wndows8.1を再インストールして、ATOK2014をインストール
したら、SkypeのチャットでIMEがオンにならない問題に
直面。IMEがオンにならないというより、Skypeをアクティブに
するとIMEが無効化され、ON/OFF自体ができない。
 Windows8.1のインストールがわるかったのかと思い、
もう一度再インストールしてみるも状況は変わらず。

 いろいろと調べてみたら、どうもWindows8からある
バグで、Windows Updateで直るとのこと。どのバッチが
有効なのか調べるのも面倒だったので、とりあえず
すぐにInternet接続して、すべてWindows Updateを
実施したら、さっくりと直りました。Windows8の時の
バグなら、Windows8.1で直しておけよな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

ATOK2014

 MS-DOS時代から、ATOKを愛用しています。
 ATOK2011以降、バージョンupをしていなかったのですが、
Windows8.1で使用すると、微妙な不具合があって使いにく
かったので、正式対応しているATOK2014に3年ぶりに
バージョンupしました。

 といっても、熟成したユーザー辞書とATOKの変換エンジンに
不満があったわけではないので、ATOK2014に変わった
からといって、特になにかが変わったという感じは
ありません。むしろ、仮で使用していたWindows8.1付属の
IMEのチープ差が改めてわかる感じです(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

三菱電機個人向けディスプレイ事業から撤退

 かねてから噂はありましたが、三菱電機が個人向け
ディスプレイ事業から撤退
するようです。

 個人的にはCRTのダイヤモンドトロンの頃から、三菱を
愛用しており、今も、家のメインPCのモニタは三菱製
VISEOを使っています。

 モニタはPCに比べてライフサイクルが長く、PCの
買い替えサイクル2回でモニタ1回ぐらいのサイクルなので、
多少高くても納得のいくものを購入するようにして
いましたが、その選択肢として愛用していた三菱ブランドが
なくなるのは、時代の流れとはいえ、さびしい限りです....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧