« PS3修理 | トップページ | 複数NICがある環境でのTVersity動作 »

2012年2月 2日 (木)

帰ってきたPS3

 修理に出していたPS3がかえってきました。
 修理センターから連絡があり、メインボードを交換して
修理返却するか、新型PS3(CECH-3000A)と新品交換が
できますとのこと。もともと、修理に出したPS3は初期型の
60GB版で、HDDのみ120GBに換装していたのですが、
その換装したHDDも、新型PS3に交換しても返却して
くれるということだったので、新型PS3に交換してもらう
ことにしました。

 ただ、初期型PS3と、新型PS3では、
  ・USB端子の数が減っている。
  ・カードリーダーがない。
  ・アナログ(D端子)出力でのBDのHD出力不可。
  ・PS2互換機能なし
等々の制限があることを説明されました。
 もちろん、知ってたことですが、この違いを理解する
には、それなりに詳しい人じゃないと、難しいんじゃ
ないかと思ったりしつつ、了承しました。

 で、結局、修理費は\16,800。まあ、新型を購入
するよりは安いかなという感じ。もともと、初期型
PS3は、指摘の問題以外にもファンのへたりも
気になっていたので、ちょうどよかったと。

 修理として送ったのはPS3本体だけでしたが、
送られてきたのは、新型PS3(CECH-3000A)の
通常パッケージ。当然ながら、DUAL SHOCK3等
も同梱されており、うれしい誤算。

 実際に設置してみると、やはり動作音は格段に
静かになっている感じ。ただ、BDドライブの動作音は
以前よりうるさい気がします。

|

« PS3修理 | トップページ | 複数NICがある環境でのTVersity動作 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/53885478

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたPS3:

« PS3修理 | トップページ | 複数NICがある環境でのTVersity動作 »