« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 8日 (水)

複数NICがある環境でのTVersity動作

 我が家では、DNLAサーバとして、TVersityを使用しています。
 このソフトの基本的な設定は、いろいろ解説サイトがあるので、
ここでは述べませんが、最近のPCでは複数のNICがバインド
されていることが多々あり、この場合、Tversityの設定を
いじらないと、DNLAクライアントからDNLAサーバ(この場合、
TVersityをインストールしたPC)が見えない等の不具合が
発生することがあります。
 たとえば、無線LANを使用している場合だと、無線NICと
有線NICが両方あったり、Windows7だと、Microsoft Virtual
WiFi Moniport Adapterがあったりして、複数NIC環境は
意外にあります。この環境だと、うまく自分が使用したい
ネットワークをTVersityが見つけてくれればよいですが、
そうじゃない場合は、見た目上、TVersityが正常動作していても
DLNAクライアントからは、DLNAサーバが見えないという状況
になります。

 これを解決するには、まずTVersityが動作しているPCの
参加したいネットワークに接続しているNICに固定のIPアドレスを
割り当てます。
 その後、TVersityのメイン画面で、[Settings]-[General]-
[Home Network]のところに、上で割り当てたIPアドレスを
入力し、[Save]します。
 この後、念のためTversityのサービスを再起動するか、PCを
再起動すれば、無事、動作すると思われます。

Photo

 この複数NIC環境下でのTVersityの動作は、解説してる
サイトもなく、現象として「DNLAサーバが見えない」ことに
なるので、ここでまとめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

帰ってきたPS3

 修理に出していたPS3がかえってきました。
 修理センターから連絡があり、メインボードを交換して
修理返却するか、新型PS3(CECH-3000A)と新品交換が
できますとのこと。もともと、修理に出したPS3は初期型の
60GB版で、HDDのみ120GBに換装していたのですが、
その換装したHDDも、新型PS3に交換しても返却して
くれるということだったので、新型PS3に交換してもらう
ことにしました。

 ただ、初期型PS3と、新型PS3では、
  ・USB端子の数が減っている。
  ・カードリーダーがない。
  ・アナログ(D端子)出力でのBDのHD出力不可。
  ・PS2互換機能なし
等々の制限があることを説明されました。
 もちろん、知ってたことですが、この違いを理解する
には、それなりに詳しい人じゃないと、難しいんじゃ
ないかと思ったりしつつ、了承しました。

 で、結局、修理費は\16,800。まあ、新型を購入
するよりは安いかなという感じ。もともと、初期型
PS3は、指摘の問題以外にもファンのへたりも
気になっていたので、ちょうどよかったと。

 修理として送ったのはPS3本体だけでしたが、
送られてきたのは、新型PS3(CECH-3000A)の
通常パッケージ。当然ながら、DUAL SHOCK3等
も同梱されており、うれしい誤算。

 実際に設置してみると、やはり動作音は格段に
静かになっている感じ。ただ、BDドライブの動作音は
以前よりうるさい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »