« 無線ルータの故障 | トップページ | 最近買った物 その1 »

2011年6月 1日 (水)

無線ルータの故障 その2

 以前の記事の通り、無線ルータをWZR-HP-AG300H
変更したわけですが、交換したあとも状況が改善しません
でした。

 CTU内蔵のルータに直結すれば、問題がないことは
わかっているので、それ以降の経路に問題があると
言うこと。
 各部屋の配線されてる基幹HUBとLANケーブルは
疑い始めると、調べるのも大変、交換するのも大変
なので、CTU-無線ルータ間、無線ルータ-基幹HUB間の
ケーブルから調査することに。
 この2つの経路は、どちらもいわゆるきしめんケーブル
CAT-5Eタイプを使っています。両方を調査したところ、
CTU-無線ルータ間のケーブルが不良であることが判明。
見た目上は、まったく劣化していない(日が当たらないとこ
なので、日焼けすらない)ようですが、後日、会社のケーブル
テスターでテストしたら、みごとに周波数特性でNGになり
ました。やはり、きしめんケーブルはとりまわしがいい
かわりに耐久性が低いですね。

 と、いうことで、交換がしにくいところとかにきしめん
ケーブルを使うのはやめたほうがよいということで(苦笑)。
念のため、CTU-無線ルータ間、無線ルータ-基幹HUB間の
どちらも手持ちのCAT-6の通常LANケーブルに交換しました。
 しかしまさか、約2年でケーブルが劣化するとは想定外。
当然ながら、交換した前の無線ルータにもどしても、通信は
正常でした(苦笑)。まあ、せっかく新しいルータにしたので、
前のルータは予備機として保管します。

|

« 無線ルータの故障 | トップページ | 最近買った物 その1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

医者の不養生だぜぇ。
SATAケーブルときしめんLANケーブルは、問題ないようでも2年過ぎない内に予防交換だな。

投稿: Drewin | 2011年6月 2日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/51817983

この記事へのトラックバック一覧です: 無線ルータの故障 その2:

« 無線ルータの故障 | トップページ | 最近買った物 その1 »