« フィルム | トップページ | 段ボール フリーダム »

2010年12月15日 (水)

プリンター

 約5年使用してきたシャープ製複合機UX-MF50CLですが、
年賀状の印刷にあたって、黒とカラーインクの交換時期となり、
インクカートリッジの値段から考えると、新しい機種に交換した
ほうがいろいろと都合がよいという結論となって、物色して
いました。

 UX-MF50CLは、家庭向けのFAX/留守電/プリンタ/スキャナ
/コピー複合機としては、外部メモリ対応,Samba対応等、
ネットワーク機器として、かなり高度な使い方ができて重宝
していたのですが、Windows7非対応(Vista用ドライバで無理
矢理動作させることは可能)、カートリッジのライフサイクル/
コストパフォーマンスが悪い(ヘッド一体型かつ複数色一体型
カートリッジ)のが難点でした。

 ということで、同等性能をもつものを物色してみたのですが、
シャープが複合機から撤退した現状では、留守電機能まで
もつ複合機は、ブラザーしかありません。そして、調べてみた
ところ、ブラザーの2010年モデルは、無線FAX機能以外は
2009年モデルとほとんどかわりないことが判明。なので、
型落ちとなった2009年モデルを探しました。
 最終的に購入したのは、MFC-695CDWN。型落ちと
いうことで、かなり格安で購入できました。

 実際に設置してみて以前の機種との違いは、

【メリット】
 1.給紙方式がホッパになったので、いちいち紙をセット
  せずに使える。
 2.子機が2台になったので、1Fでもコードレス。
 3.LANが無線接続になったので、ケーブルが1本減った。
 4.カートリッジが各色独立タンク方式になった。

【デメリット】
 1.Samba接続ができないので、FaxデータのNASへの
  PDF転送やスキャナのデータのNASへの転送ができ
  ない。
  →専用ソフトを常駐させたPCなら可能なので、
    サーバにソフトを常駐させてNASへ転送で対応。
 2.外部接続したフラッシュメモリを留守電やFAX受信用
  のメモリとして使用できない。
  →対策なし。内蔵メモリが増えたから問題なし?
 3.スキャナーとして単独動作することはできず、
  スキャナーとして使うには必ずPCが必要。
  →1と同様。

ということで、不便な部分は運用回避しています。

 実際のプリンタ/スキャナ部の性能は十分なので満足
しています。

|

« フィルム | トップページ | 段ボール フリーダム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/50307362

この記事へのトラックバック一覧です: プリンター:

« フィルム | トップページ | 段ボール フリーダム »