« FF11:クゥダフ兵団 獣人軍将領「不撓の酋帥」作戦案 | トップページ | 仕事の効率化 »

2009年11月 5日 (木)

FF11:クゥダフ兵団 獣人軍将領「不撓の酋帥」実践編

 と、いうことで、いってきました「不撓の酋帥」。構成は、
以前の記事とほぼ同じ。狩人できる人がいたので、
物理アタッカーの一部を狩人にしました。

Photo

Bc


 

 作戦を確認し、突入します。
 BC入ったところは通路になって
おり、それを抜けるとこんな感じ。
作戦案では、護衛の維持場所を
指定していなかったので、位置を
していしました。通路から正面を見て、
 ・護衛黒1:右奥
 ・護衛黒2:右手前
 ・護衛白1:左手前
 ・護衛白2:通路手前(BCはいってすぐのところ)
で、戦闘します。自分は今回、赤/忍で護衛白2を
担当しました。
 左奥に見えているのがボスをマラソンする柵
です。うまくコースを調整すれば、けっこう
ひっかけることができるそうです。

Photo_9

Photo_10




 オーラバリア中は、狩人と黒の精霊魔法のみで
削っていはます。その間に脳筋ズは護衛の黒と
白を倒します。
  さすがに装備がインフレ化しつつある現状
では、脳筋ズの削りか半端なく強く、護衛黒は
実質1分程で撃破。もちろん2hアビ使用して
ですが。特にフル薄+黒帯のモンクは百烈拳は
ともかく、ヘイストさえあれば、かなりの殲滅
速度を誇ります。その後、護衛黒2→護衛白x2
と順調に倒しました。

 そういや、なぜ盾ジョブが最初に敵を
釣らないのか?と質問をうけました。完璧に
連携がとれれば、それでもよいのですが、
最初に釣った人は、各護衛担当がヘイトを
のせまでは、当然、すべての敵から攻撃を
うけることになります。もしこれが盾ジョブで
倒されてしまった場合、盾ジョブが一人欠けた
状態で、マラソンすることになります。
 なので、もし護衛のヘイトのせるのが遅れた
としても、大局的に影響の少ないアタッカー
PTが釣るという保険的な作戦でした。実際、
護衛へのヘイトが一部遅れて、釣った
アタッカーは、倒されてたわけですが(苦笑)。

 閑話休題。
 護衛をすべて倒し、オーパバリアが
なくなったら黒はヒーリング開始し、脳筋ズが
ボスを攻撃開始します。護衛の時と同じように
もりもりとボスを削っていきます。途中、タゲ
とった脳筋が倒されたりしましたが、特に
大きな影響ありませんでした。
 事前の調べでは、HP20%あたりて、再び
オーラバリアを使うということでしたが、
その気配もなく、物理攻撃を継続してたら、
HP10%あたりでオーラバリア→特殊WSの
コンボ炸裂。脳筋ズの一部が倒されたり
しましたが、ヒール完了した黒の精霊魔法
にて無事討伐完了。ドロップは、サイズミク
アクスとパラマウントピアス、各種素材
でした。

Photo_6  なお、玉座には登れ
ませんでした(笑)。

|

« FF11:クゥダフ兵団 獣人軍将領「不撓の酋帥」作戦案 | トップページ | 仕事の効率化 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/46689654

この記事へのトラックバック一覧です: FF11:クゥダフ兵団 獣人軍将領「不撓の酋帥」実践編:

« FF11:クゥダフ兵団 獣人軍将領「不撓の酋帥」作戦案 | トップページ | 仕事の効率化 »