« 橋下知事も大変だ | トップページ | カゴメのジュース »

2009年10月15日 (木)

レガシィ 左フロントからの異音と事故 その2

 下書きに書いて、公開するの忘れてたw
 ってことで、いまさらながら公開。

---

 ということで、左フロントからの異音の修理を出す前に、   
板金修理が必要となり、ディーラーにその旨を伝えると、   
一緒に異音もみておきますと返事があったので、そのまま   
お願いしました。音的にはハブから音かでているような   
感じだったので、その事も伝えました。

 

 2週間後に車は帰ってきたのですが、異音については、   
シャーシーダイナモで見てみたが、特に異音が確認できない   
と回答が。とりあえず、修理状況を確認する為に、車は受領   
したのですが、やはり異音について直っていないことを確認。   
   
 再び、ディーラーに修理の依頼をし、今度はサービスの人に   
同乗してもらい、異音を聞いてもらいました。わりと小さな音で   
普段から気をつけて聞いていないと気づかないような異音   
なので、わかりにくいかなーと思ってたのですが、実際に   
異音を聞かせてみたら、すぐに理解していただきました。   
さすがプロ!   
 ふたたび車を預けて2日後、ディーラーから連絡があり、   
やはり左フロントハブのベアリングから異音がしてたので   
交換したとありました。試乗してみたところ、異音は   
なくなっていました。これで安心して乗れます。

|

« 橋下知事も大変だ | トップページ | カゴメのジュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/46362639

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィ 左フロントからの異音と事故 その2:

« 橋下知事も大変だ | トップページ | カゴメのジュース »