« ついにFF11の後継MMORPG発表 | トップページ | エレクトーン演奏 »

2009年6月10日 (水)

FF:神印章99 動く島 - The Hills are Alive戦

12

  実装直後に何度か勝利したものの、その後の再戦で負け
続けていた神印章99の「動く島」。モンクのレベリングを始めた
こともあり、黒帯を見据えてのリベンジをしようと計画しました。

敵はTartaruga Giganteというアダマンティスタイプ1体です。

【Tartaruga Giganteの特徴】
・物理防御力が非常に高い。
・足は遅い。通常スピードでマラソン可能。
・氷系弱点
・一定ダメージ毎に「頭を出して歩行」と「停止して殻に閉じ
こもる」動作を繰り返す。
・「停止して殻に閉じこもる」状態では、通常攻撃がなくなる
かわりに、鬼のようなリジェネでもりもりHPが回復する。

この特徴を考慮すると、いかに「殻に閉じこもっている」状態を短くするのがポイントです。ですので、歩いてる時は
物理攻撃と弱めの精霊、閉じこもったときは、連携>MBと
強力な精霊魔法で削る作戦です。

【PT構成】
・盾PT:ナ/戦,侍/シ,暗/侍,赤/白,詩/白,黒/白
・黒PT1:黒x4,赤/黒,コ/白
・黒PT2:黒x5,コ/白

黒が多すぎぐらいのちょっとやり過ぎな構成です。結果的
には、もうすこし黒が少なくてもいけます。また侍と暗黒は
基本的に連携要員なので、闇連携がつくれるなら、他のジョブ
でもOKです。侍と暗黒は連携マクロをつくり、コールできる
ようにしておきます。

【作戦】
1.開幕
①各PTで強化をしたあと、ナイトのフラッシュ/挑発で戦闘
開始します。バウォタラ忘れずに。
②ナイトがヘイトをのせてマラソンを開始したら、すぐに全員
がサークル内に入ります。侍と暗黒は追いかけながら
通常攻撃。赤はサイレス/パライズで支援。サイレスは
印がなくても体感で8割程度入ります。 
③サークル内の外縁部をナイトがマラソンしますので、まず
初弾は時間あわせでのフリーズ2一斉射撃です。
④フリーズ2が着弾したら、ほとんどの場合は、殻に閉じ
こもることになります。もし、閉じこもらない場合は、⑧へ。

2.殻に閉じこもった場合
⑤侍,暗黒の連携合図にあわせ、闇連携でMBします。
使用する魔法はブリザド4,ブリザガ3等でよいですが、
消費MPを均一化する為にも、統一したほうがよいです。
⑥MB後、頭をだして歩行し始めたら、⑧へ。まだ殻に
籠もってる場合は、さらに氷系魔法で全力攻撃します。
ここはとにかくMP消費や燃費を無視して、最大威力で
攻撃します。もし侍が1人連携ができる場合、それにMB
をあわせます。
⑦一定以上のダメージを与えると、再び頭をだして歩行
しはじめます。頭を出したらすぐに詠唱中断すること!

3.頭を出して歩行している場合
⑧MPが600以下の黒はヒーリング、MP600以上の黒は、
アスピル/ドレインで攻撃する。
⑨侍,暗黒は通常攻撃しつつ、TPをためておく。
⑩すべての黒のMPが600超えたら、時間を決めてブリザド3
一斉射撃。たいていはこれで殻に閉じこもります。
⑪殻に閉じこもったら、⑤に戻ります。閉じこもらない場合、
再度、時間決めでブリザド2or3で一斉射撃します。

あとはこれの繰り返しです。注意する点は、「3.頭を出して
歩行している場合」の時に、無理にWSや個別の精霊魔法で
削らないこと。
頭を出してるときに、無理に削ると、殻にこもった
時に肝心のMPがなくなり、殻から出すことが不可能となって
しまいます(もりもりリジェネで回復されます)。

また、黒が多い時や個々の黒の能力が高いと、頭出してる時
の削りや、殻に籠もってるときの削りが大きすぎて、
・頭出してる>一瞬だけ閉じこもる>頭出してる。
・閉じこもってる>一瞬だけ頭だす>閉じこもる。
となる場合があります。この場合も、慌てずに頭出してる時は
時間あわせで中程度の精霊魔法、閉じこもってる時はMB,
最大威力の精霊魔法で対応すれば、問題ありません。

3戦やって主なドロップは、卵1個とストライダーブーツ1個
でした。ストライダーブーツは初めてのドロップです。

|

« ついにFF11の後継MMORPG発表 | トップページ | エレクトーン演奏 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/45298839

この記事へのトラックバック一覧です: FF:神印章99 動く島 - The Hills are Alive戦:

« ついにFF11の後継MMORPG発表 | トップページ | エレクトーン演奏 »