« 三代目車載PC セットアップ編 | トップページ | 紙かくし »

2009年4月 5日 (日)

三代目車載PC 搭載編

D400

車側は、以前の配線がほぼそのまま
使用できるので、特に準備の必要が
なく、このまま車との接続をします。
設置場所も以前と同じで、助手席の
シート下です。
PC本体は、廃熱と安定性を強化する為、バッファロー
コクヨサプライ製のPCクーラーを下にひいて、マジックバンド
で固定します。PCクーラーの裏面には車のカーペットに
固定する為、マジックテープのオス側を貼り付けます。
車側の配線を引き出し、PCに接続して、仮設置します。
この状態で、実際に車を動かしたり、ACCオフ時の動作を
確認します。と、いうことで動作させてみたら、早速問題発生。

Dcd 接続しているDC/DCコンバータは定格80Wで、D400側の最大消費電力が90W
だったので、まあ通常動作しては動く
かなと楽観していたのですが、DELLの
ノートPCは、接続するACアダプタの能力を監視している
らしく、PC起動時及びWindows起動時に、「ACアダプタの
能力が足らないから、高負荷で動かないよ」とアラート
メッセージがでます。このアラート自体は、BIOSとアプリの
設定ででないようにすることができるのですが、実際の
動作を確認すると、動作自体は問題ないのですが、まったく
バッテリーを充電しないのです。

Dcac_2

と、いうことで、DC-DC接続はあきらめて
原始的というか、効率は悪くなりますが、
DC/ACインバータ経由で、DELL純正AC
アダプタを使用することに。この方式なら
普通に家庭用AC100Vとかわらないので、特に問題なく動作
しました。

DC/ACインバータと純正アダプタが案外かさばるので、
運転席側シート下にこの2つを設置して、すべての設置は
終了。

現在のところ、うまく動作しています。
パワーについても、
・ドライブレコーダでVGA 30fps,DivXエンコード録画。
・DVにて、VGAのWMVファイル再生。
という状況で、CPU負荷が30~70%というところですので、
十分なようです。ただ、夜間はWebカメラの増光補正が
SW処理で入るためか、昼間より負荷があがる傾向が
あるようです。
あとは、途中で録画が切れても再生できるcodecがあれば
ドライブレコーダとしては完璧なんだけどなぁ….

|

« 三代目車載PC セットアップ編 | トップページ | 紙かくし »

車載PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三代目車載PC 搭載編:

« 三代目車載PC セットアップ編 | トップページ | 紙かくし »