« FF:モリガンローブ完成 | トップページ | 三代目車載PC セットアップ編 »

2009年3月22日 (日)

門灯の自動点灯化

01_202_2

 我が家の門灯は、Pansonic電工(旧:松下電工)の
アーキシュポールで、シンプルなデザインで気にいっているの
ですが、この内蔵している電灯部分が、普通のスイッチの為、
夜になったら自分でつけないといけません。
 しかし、この門灯がスイッチのある玄関ホールからは死角で、
スイッチもパイロットランプがないタイプの為に、ついてるのか
どうかわからず、よく付け忘れたり、消し忘れたりしてました。

 ある日、買い物先で、リーベックスのPT24が500円で特価
セールされてたので、衝動的に買いました。これは機械式の
タイマーで、24時間を15分単位でオン/オフできるプログラム
タイマーです。まあ、精度としてはそれなりしかないですが、
門灯を制御するくらいなら十分です。

 PT24自体は屋内用なので、門灯の配線に直接割り込みして
つけるわれにはいかないのと、設置場所の問題があるので、
門灯内部に設置するこにしました。

 幸いなことにアーキシュポールは、電灯メンテナンス用の
背面パネル内部にスペースがあるので、ここに設置します。
 PT24は通常のコンセントタイプなので、一緒に買ってきた
コンセントを配線を切断して取り付けます。あとはPT24に
接続するだけで完了。PT24は十分軽いので、配線の
テンションだけで、十分固定できるため、特別に固定は
していません。

 背面パネルをしめるまえに、適当に時間セットして、動作を
確認したあと、19時~6時まで点灯するようにセットし、背面
パネルを閉めます。これで、門灯の自動点灯が可能となり
ました。

|

« FF:モリガンローブ完成 | トップページ | 三代目車載PC セットアップ編 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/44303364

この記事へのトラックバック一覧です: 門灯の自動点灯化:

« FF:モリガンローブ完成 | トップページ | 三代目車載PC セットアップ編 »