« プリントゴッコ終了 | トップページ | 住宅:防水シート補修 »

2008年6月18日 (水)

住宅:床鳴り補修

 先日から、リビングの床暖房エリアで歩くとカツン,カツンと
金属音がすることがありました。気になるので、ハウスメーカに
連絡して、見てもらったところ、すぐに業者を呼んで直して
もらいました
 最初、担当の方から説明を聞いても専門用語でちんぷん
かんぷんだったので、後で調べたのでメモしておきます。

Photo  左は一般的な床下構造です。床を支える
構造材には、太い大引(おおびき)という
ものと、それより細い根太(ねだ)というもの
があり、その2つで格子状のフレームを
構成しています。
 大引を支えているのが、床束(ゆかつか)という構造材です。
床束には金属製のものが多いので鋼製束とも呼ばれます。
最近では腐食しないことからプラスチック製のものもあるよう
です。

 接合部のなじみや木が乾燥してくると、根太と床材,床束と
大引の間等に隙間ができ、床鳴りがすることがあるようです。
 我が家の場合は、根太の上に床暖房のパイプが通っている
のですが、このパイプと根太の間に隙間ができ、それがパイプ
に当たって音がでていました。なので、該当部分の床束を
上げることで、隙間をなくせば床鳴りは解消されました。
 こういったことに対応できるように、床束はナットやジャッキで
高さが調整できるようになっています。もし、高さ調整だけで
対応できない場合は、床束の本数を増やして間隔を狭たり
して修正するそうです。

|

« プリントゴッコ終了 | トップページ | 住宅:防水シート補修 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/41570540

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅:床鳴り補修:

« プリントゴッコ終了 | トップページ | 住宅:防水シート補修 »