« チェアマット購入 | トップページ | 胃腸風邪 »

2008年4月 6日 (日)

ピンぼけ写真をなくす技術

 カメラの撮影でよく失敗することと言えば、手ぶれとピンぼけ
ではないでしょうか?僕はカメラの専門家ではないですが、普段
携帯のデジカメでメモやスナップをよくとります。この時によく
失敗するのが、この2点です。手ぶれに関しては、工学的/
電子的技術の発達により、補正ができるようになりました。
そして今度はピンぼけも直せるようになるようです。

フォーカス範囲・位置を後からコントロールできる技術

 これはすごい革新です。つまり写真をとったあとから、どこに
ピント(フォーカス)を合わせるか決めることができるということ
です。たとえばグループで写真を撮ったとしても、グループ全体
にピントを合わせたり、特定の人をズームしてそこにピントを
あわせたりして、1つのデータから複数の写真が生成できるの
です!これを応用すれば、1つのデータから3D写真をつくることも
できるようになるみたいです。このページにピントを変更した
例がのっています。
 実際には、過去にとったデータに対して適用できるわけでは
なく、専用のカメラでとったものでしかできませんが、この技術
を搭載したカメラが普及すれば、ピンぼけ写真はなくなるかも
しれませんね。

|

« チェアマット購入 | トップページ | 胃腸風邪 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

専用カメラで取ったら、普通のJPEGよりデータが大きくなるってオチじゃないかな?
それでも、素人にはうれしい機能ですが。

投稿: Drewin | 2008年4月 9日 (水) 17時06分

きっとデータは大きくなるでしょう。でもそれは
大容量メディアが解決してくれそう。いまや数GBが数千円で買える時代ですからねぇ。

投稿: Liroi | 2008年4月10日 (木) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/40800442

この記事へのトラックバック一覧です: ピンぼけ写真をなくす技術:

« チェアマット購入 | トップページ | 胃腸風邪 »