« TrueImageのPXEブート(ネットワークブート)方法 | トップページ | クリスタルの洞窟 »

2007年4月23日 (月)

Optimaバッテリーへの変更

 丸3年が経過し、いよいよ車のバッテリーが劣化してきて、
タイミングによっては12vを切るようになってきたので、
バッテリーの換装を考える時期になりました。

 換装の候補としては、BOSHのMega Power Silverか、
Optimaバッテリーの2つ。値段はほぼ同じで、容量なら、
MegaPower、瞬間最大出力ならOptimaに軍配があがる
のですが、問題は重量。
 ・純正バッテリー:15kg
 ・MegaPower:17.3kg
 ・Optima:14.4kg
と、MegaPowerだと+2kg以上の重量増になることを考え、
Optimaバッテリーに決定。

 レガシィBL5の場合、適合サイズはD23Lなので、該当する
OptimaバッテリーはRed Top 3.7S(925SL)+ハイトアダプタ
となります。ハイトアダプタはいわゆるゲタで、高さを調整する
スペーサーです。値段はネットで安いところを探して送料/
税込みで\15,000でした。

 まず純正バッテリーをとりはずすわけですが、この時
注意するのは、マイナス端子側から外すこと。そうしないと
ケーブルがボディ等に接触したときにショートしてしまいます。
マイナス端子を外したら、プラス端子も外して、純正バッテリー
を取り外します。

Img10501676091  実際に取り付けの為に仮設置すると、
ハイトアダプターの奥行きがバッテリーの
受け皿よりもわずかに大きい。
ハイトアダプタは2つのパーツが組み合わ
されており、下側のパーツを外すと、丁度いい大きさになる
ので、この状態で設置します。

 取り付け位置を決めたら、取り付けステーでしっかりと固定
します。その後、今度は取り外した時と逆の手順、つまり、
プラス端子からターミナルに接続し、次にマイナスターミナル
を接続します。

 Optimaバッテリーの端子解放時の電圧は12.8vでした。
スペックから推測するとほぼ100%充電の状態です。同様に
車載してアイドル時の電圧は13.7vです。旧バッテリーだと、
しばらくアイドルをしていると、11.8~13.2v間をふらふらしたり
していたのですが、交換した後はほぼ13.7vで安定しています
ので効果があったといえるんじゃないでしょうか。

 次はGWにエアコンフィルタの交換の予定です。

|

« TrueImageのPXEブート(ネットワークブート)方法 | トップページ | クリスタルの洞窟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/14830885

この記事へのトラックバック一覧です: Optimaバッテリーへの変更:

« TrueImageのPXEブート(ネットワークブート)方法 | トップページ | クリスタルの洞窟 »