« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月27日 (金)

クリスタルの洞窟

世界最大級のクリスタルの洞窟

 メキシコで発見された世界最大級のクリスタルの洞窟
だそうです。空間の広さは10mx30m以上。写真の人の
大きさから、その広さが伺えます。写真下の[Next Photo]
ボタンを押すと他の写真も見ることができます。

 なんか、へんな放射能とか漏れていそうな感じですよね。
 その場所にいけば、ジョブが増えたりしそうです(謎)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

Optimaバッテリーへの変更

 丸3年が経過し、いよいよ車のバッテリーが劣化してきて、
タイミングによっては12vを切るようになってきたので、
バッテリーの換装を考える時期になりました。

 換装の候補としては、BOSHのMega Power Silverか、
Optimaバッテリーの2つ。値段はほぼ同じで、容量なら、
MegaPower、瞬間最大出力ならOptimaに軍配があがる
のですが、問題は重量。
 ・純正バッテリー:15kg
 ・MegaPower:17.3kg
 ・Optima:14.4kg
と、MegaPowerだと+2kg以上の重量増になることを考え、
Optimaバッテリーに決定。

 レガシィBL5の場合、適合サイズはD23Lなので、該当する
OptimaバッテリーはRed Top 3.7S(925SL)+ハイトアダプタ
となります。ハイトアダプタはいわゆるゲタで、高さを調整する
スペーサーです。値段はネットで安いところを探して送料/
税込みで\15,000でした。

 まず純正バッテリーをとりはずすわけですが、この時
注意するのは、マイナス端子側から外すこと。そうしないと
ケーブルがボディ等に接触したときにショートしてしまいます。
マイナス端子を外したら、プラス端子も外して、純正バッテリー
を取り外します。

Img10501676091  実際に取り付けの為に仮設置すると、
ハイトアダプターの奥行きがバッテリーの
受け皿よりもわずかに大きい。
ハイトアダプタは2つのパーツが組み合わ
されており、下側のパーツを外すと、丁度いい大きさになる
ので、この状態で設置します。

 取り付け位置を決めたら、取り付けステーでしっかりと固定
します。その後、今度は取り外した時と逆の手順、つまり、
プラス端子からターミナルに接続し、次にマイナスターミナル
を接続します。

 Optimaバッテリーの端子解放時の電圧は12.8vでした。
スペックから推測するとほぼ100%充電の状態です。同様に
車載してアイドル時の電圧は13.7vです。旧バッテリーだと、
しばらくアイドルをしていると、11.8~13.2v間をふらふらしたり
していたのですが、交換した後はほぼ13.7vで安定しています
ので効果があったといえるんじゃないでしょうか。

 次はGWにエアコンフィルタの交換の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

TrueImageのPXEブート(ネットワークブート)方法

  1. Tftpd32syslinuxをダウンロード
    「tftpd32-3.20-setup.exe」をダウンロード
    「syslinux-3.36.zip」をダウンロード
  2. syslinux-X.YZ.zipからpxelinux.0をコピー
  3. 同じフォルダにkernel.datとramdisk.datをTIのインストールフォルダからコピー
  4. 同じフォルダにpxelinux.cfgフォルダを作り、その中に上記syslinux.cfgをdefaultとして保存
  5. Tftpd32を起動しDHCP Serverタブを開き、IP pool starting address、MaskにそのPCにアクセス可能な設定、Boot Fileにpxelinux.0と設定、Size of poolは適当にして、Save
  6. Settingsボタンを押し、PXE Compatibilityにチェック、Base Directryにkernel.dat等を置いたディレクトリを指定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

車載PCモニタ再設置

 車載PCのモニタ基台の両面テープが半分以上はがれて
きており、みっともないので、再設置することにしました。

 以前は、ダッシュボード上に通常のオンダッシュモニタ用
TV基台をつかって固定していたのですが、この方法は
簡単に設置できる分、見た目上、よろしくない。そこで
今回は、エアコン吹き出し口の間にある小物入れを使って
固定することにします。

 レガシィBP/BLのB型移行では、ここにDINサイズの
オーディオを設置する為の純正オプションがあるのですが
残念ながらA型には対応していません。しかし、ダッシュ
ボード内部の純正ナビ固定用の柱を切り取ってしまえば
流用で使えるようです。
 しかしながらこの方法だと、「純正オプション+1DIN用
モニタ取り付けキット」で2万を超えてしまいます。ってことで
汎用品を流用して自作します。

 まず、エアコン吹き出し口と小物入れを車より取り外し
ます。これらのパーツは一体となっており、内張はがし
工具等をつかってはめ込みから外します。ドライバー等は
必要ありません。外したパーツをドライバーをつかって
さらにばらばらにし、小物入れを取り出します。

Nec_1060_8  モニタの基台する汎用品は、YAC製の
VP-T15です。通販で3000円くらいでした。
この基台のベースにあわせて外した小物
入れ底部と側面のキルティングをはがし
ます。キルティングはシート状で貼り付けてあるだけなので、
カッターとマイナスドライバーでざっくりとはがしていきます。
L字型にキルティングをはがしたら、基台を仮止めして、側面
からビス止め用の穴をあけます。

Nec_1061_2 Nec_1063_5  
 本来なら、ドリルかピンバイスで穴を開ければよいのですが、
手元にちょうどよいのがなかったので、100円ショップで買って
きた千枚通しを火であぶって、サクッと熱で溶かします。穴の
周りにバリができるので、それはカッターで削り、M3x12のネジ
で仮固定します。ちゃんと固定できることがわかったら、両面
テープをつかって貼り付け>ネジで本固定します。

Nec_1064_2  固定したら、ばらばらにしたパーツを
元通り組み立てて、加工は終了です。
くみ上げたらこんな感じになりました。
両面テープが乾かないうちに、車にもどって
寸法を確認します。

 ここで問題発生。下のほうの写真をみるとわかりますが、
この小物入れの下には、ナビのモニタがせり出してくることに
なり、このままでは、PCモニタとナビのモニタが接触して
しまうことが判明。対策として、適当な大きさに切った材木を
枕木にして底上げしました。底上げする木も基台と同じように
側面から穴をあけて木ねじで固定することで強度をあげて
ます。

Nec_1067_1  ってことで、再加工後に取り付けました。
底上げした時に小物入れのフタがPCモニタ
と干渉するようだったので、フタも取り去って
ます。そのせいで小物入れとフレームの間
に2cmほどの隙間(もともとフタが入るスペース)ができてしまい
ましたが、モニタをつければ目隠しされるので特に対策は
していません。

Nec_1068_1  両面テープがなじむまで1日半放置した
あと、PCモニタをとりつけます。ナビの
モニタを上げたときに干渉しないように角度
を調整後、増し締めして終了。ダッシュ
ボード上に何もなくなったのでとてもすっきりしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

iPodの暴走(フリーズ)

 iPod miniが初めて暴走しました。メニュー画面でその
ままフリーズしてます。Appleのサイトで検索してみると
ちゃんとiPodのリセット方法として掲載されています。
 もちろん、この方法でうまくいきました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月 6日 (金)

激安自動販売機のカラクリ

激安自動販売機のカラクリ

 たまに見かける激安自動販売機のカラクリ。
 100円ショップの食料品とかもこの手法なんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

FF:ちょっと便利なサイト

全サーバの白門シャウトが見れる

うぉっちん(α)

全サーバの競売履歴データベース

FFXI Auction House Beta

どっちもどーいう仕組みなんだろう。プローブとなるキャラを
全サーバにおいて、ログ転送してるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

黄砂

 先日から中途半端な雨がつづいていて、水垢がつきそう
だったのでひさしぶりに洗車した。と思ったら、今日朝に
出勤しようと車をみたら、砂だらけじゃないですか。
 ニュースによると、中国からの黄砂がふってきてるらしく、
しばらく続きそうです。黄砂の場合、洗車前に十分な水で
洗い落とす必要があるので面倒なんだよねぇ....

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »