« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月28日 (日)

どうして勉強しないといけないの?

子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明

 子供の頃、誰もが一度は思ったはず。
 特に今の時代、自分を守るだけの知識やスキルがないと、
ホント危ない。

 虚偽と真実のまざった自分の都合のよいことしか報道
しないマスコミ、あふれるネット情報、TV番組の論理的
説明のない煽り....

 最終的に判断するのは、自分の経験と知識であるって
ことを大人になればわかるはず。ただ、すべての人が
勉強が必要か?と言われればそうではないと思う。
究極的には「自分は人生を楽しみたい!」と思う人だけが
自分に合わせてやればいいんじゃないかな。たださ、
勉強してる時というか、学生時代にはこんなことわから
ないんだよね(苦笑)。それに必ずしも勉強したから、
楽しくなる保証はないし。

 因数分解をしらなくても、人生を成功している人は
たくさんいる。ただ、因数分解が理解できる程度の
頭がないと成功する可能性も低いんじゃないかな。

 「知らないほうが幸せ」と思うのも一興だけど、やっぱり
僕は知りたい!

#まあ、あるある大辞典程度にだまされないようにはしたいね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

唇が....

 空気が乾燥してるのと、風邪気味なので唇がよく割れます。

 「ピシッ」と割れる音が聞こえるんだよね(苦笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

バックドロップ!?

37歳女が17歳少女にバッグドロップ…「デブ」と言われ切れた

>そして怒りの頂点で思わぬ大技が爆発。プロレスで用いられる「バックドロップ」が繰り出された。

 ちょwwww
 マジでバックドロップするってすごすぎ(笑)。ドロップキック
ならまだわかるけど.....
 しかも大仁田のコメントがあるのがさらに笑える。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

年賀はがき当選

 お年玉付き年賀はがきの当選発表がされました。
 と、いっても自分のところはまだみてないわけですが、
実家の両親のトコは1等2等3等とすべて当選したそうです。
 1等はたぶん旅行にするんじゃないかなぁ....

 それにしても全部あたるってすごいや。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

GBA版FF5

 なんか、ここ数日で急激に冷え込んで、やっと冬って感じ
ですね。スキー場も雪は降っているんだろうか。

 先日から、GBA版のFF5をプレイしています。ホントは
Nintendo DSLでプレイしたいところですが、相方にDSLは
とられてるので、なつかしのGBAでプレイ中。そして、
バトルテーマが頭の中をぐるぐると回ってます(笑)。
 グラフィックについては、それ相応のデキですが、決して
悪いわけでなく、携帯機として十分なクオリティです。

 しかし、驚いたのは、GBAとDSLの画面の違い。自分の
GBAはバックライト(正確にはフロントライト)をつけ、視認性を
上げた改造版GBAですが、それでもDSLの画面の明るさ,
見やすさは段違いに良いですね。同じ素材で比べると、
その違いがよくわかります。しかも、DSLだと閉じるだけで
いつでも中断できるのがウラヤマシス。

 っていってるうちに、ストーリーは終盤まできました。次は
やっぱFF6をやりますかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

キズパワーパッドの威力

 正月そうそうにけがをしたわけですが、そのけがの治療に
キズパワーパッドを使いました。キズパワーパッドは湿潤療法
と呼ばれる治療方法で、キズの治りが早いのが特徴です。

 ふつう、バンドエイドと言うと、テープをベースにキズに当たる
部分にガーゼがついているのを想像すると思いますが、
キズパワーパッドはテープ全体が被覆材であり、ガーゼが
ありません。この被覆材は体液を吸って凝固する特徴があり
張って半日もすると、キズ部分が白くなって凝固しているのが
わかります。このまま5日間放置するだけで、テープの交換も
必要ありません。

 最初、ざっくりと肉がえぐれていた指も3日も経てば痛みも
なくなり、5日目にはがしたときには、もう表面の薄皮以外、
ほぼ完治していました。この治療方法は病院ではけっこう
メジャーな方法らしいのですが、家庭用として発売された
のは最近です。

 湿潤療法の詳しい方法等はここに解説されてます。

 欠点はキズパワーパッドが高いことかなぁ。1箱で
700円くらいするので、大きなけがじゃないとなかなか
使えないのです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

FF:アトルガンミッション一気攻略

 10月,12月のVerupにて、アトルガンミッションをある程度
すすめないと、参加できないコトがいろいろとできてきた
ので、年末年始の休みを利用して一気にやってしまおうと
がんばりました。具体的には、AM[王子の告白]以降、
現在実装分最終のAM[運命の歯車]まで進めました。

 AMは、PMに比べてジョブ縛りが緩く、LV制限もない為、
自分のペースでストーリーを楽しみながらできて楽しかった
です。気をつけるといえば、[亡国の墳墓],[漆黒の柩],
[特使の御盾]の3つぐらいでしょうか自分のメモとして
ポイントを記載しておきます。

[亡国の墳墓]
 <特徴>
 ・敵はフォーマタイプ?1体。ジョブはコルセア。
 ・バインド/グラビデ/スリプル有効。
 ・後半、TP技を連発してきます。
 <作戦>
 ・赤/忍L75と白/黒L75でチャレンジ。
 ・周囲に骨がPOPするので、AM4:00から戦闘開始。
 ・ふつうに弱体/スリップ入れながら二人で殴る。
 ・連携はサベッジ>ヘキサ>光連携>MB:サンダー3。

[漆黒の棺]
 <特徴>
 ・1戦目:Ashu Talif Crew x5(モ,赤x2,狩人)
 ・2戦目:Ashu Talif Crew x4(モ,赤,狩),Ashu Talif Captain x1(コ)
 ・1戦目終わると休憩,回復なしで、すぐに2戦目。
 ・味方NPC:Gessho(忍者)
 ・バインド,グラビデ有効,Captain以外はスリプル/ララバイ有効。
 ・BC突入前の強化無効。
 ・武器を構えるとNPC攻撃開始。
 <作戦>
 ・赤/暗,黒,黒,白,詩,青のテキトー構成。
 ・黒>黒>白の順で印スリプガ回し。詩はララバイでサポート。
 ・寝かしたら、Gesshoがタゲしてるのをみんなで殴る。
 ・2戦目も同様にスリプガorララバイで寝かす。
 ・Captainは寝ないので、連続魔>スタン>全力で攻撃だ!
 ・正直、連続魔スタンいらないぽい。

[特使の御盾]
 <特徴>
 ・敵:Khimaira 13
 ・バインド/グラビデ有効(累積耐性あり)
 ・味方NPC:Karababa(黒)
 ・BC突入前強化有効。
 <作戦>
 ・赤/忍,その他後衛数人。赤/忍ソロも可。
 ・BC前で強化>BC突入>赤がからまれ釣り。
 ・PTの場合、突入後、奥の広くなってるところの左右で待機。
 ・からまれ釣りすると、Karababaが攻撃魔法詠唱開始。
 ・Karababaの攻撃魔法が着弾するまで、赤/忍は耐える。
  他人からケアル等禁止。
 ・Karababaの攻撃魔法着弾後、Khimaira 13はKarababaだけを
  攻撃するので、その間に赤は再強化。
 ・Karababaがぶち切れたら、即座にKarababaを回復。HP
  を9割以上維持すること(HPが減ると帰ってしまいます)。
 ・ソロの場合はそのままKarababaのケアルのみを維持。
 ・PTの場合は、Khimaira 13にグラビデ>PT全員全力で攻撃。
 ・Karababaのぶち切れモードだけで半分ぐらいは削って
  くれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

子供と大人

 あけましておめでとうございます。
 今年も年末年始は実家にかえっていました。どうも帰る
直前に雪が降ったらしく、途中の高速で除雪した跡が
あったりして、やっと冬らしくなってきたなという感じです。

 実家では特に何もなく、のんびりしてたわけですが、
新年初の風呂に入ろうとして、脱衣所で服を脱いで
いると「ガリッ」と音が。服を脱ぐときに手を脱衣所の
壁におもいっきりこすりつけてしまったのです。うちの
脱衣所は幅が1m弱程度しかなく、しかも壁はデザイン上
荒い石のコンクリートむき出しのため、ヤスリのような
表面になっており、そこに手をこすりつけたわけですから、
手がどのようになるかは想像してください。
 最初、自分でも何が起こったのか理解できず、痛みも
麻痺してたのですが、血だらけの手を見て自分でも
びっくり(苦笑)。風呂は中止してあわてて半裸のままで
止血しました。
 母には、「十年以上、その風呂をつかってきたはず
なのにいまさら....」と言われたわけですが、確かに子供の
頃は、脱衣所の壁で手を打つことなんてありえない世界
だったのが、大人となった今では簡単にできてしまう。
自分の中での実家は子供の頃のサイズの世界なんだなと
改めて実感した、正月でした。

 そして、まだキズは治ってません(苦笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »