« 10年間もガソリン誤販売 | トップページ | FF:釣りメモ20060922 »

2006年9月21日 (木)

車載PC 入力デバイス 導入編

 以前、車載PC 入力デバイス考察で、いろいろと考察
しましたが、RM-X4Sの新品を部品販売しているところを
発見。早速これとALCONを注文しました。

 届いたRM-X4SとALCONをまずは仮配線して、DC安定化
電源に接続し動作テスト。基本的にALCONは赤外線学習
リモコンなので、適当なリモコン(近くにあった液晶テレビの
リモコン)を学習させてテスト。特に問題なく動作することを
確認。次に、実際に動作させるリモコンを選定します。
 候補にしたのは、
  A)メーカー不明の赤外線キーボード
    昔、使っていて物置にしまわれていたもの。
  B)SMK製のMCE用赤外線リモコン
  C)BUFFALO製PCastTV2用リモコン(PC-OP-RC)
選択にあたって特に基準はなく、てきとーに身の回りにあった
ものを使おうというだけのことです。
 で、実動作をかねてテストしてみたところ、
  A)キリピートがうまく動作しない。
   B)一部キーが動作しない。
  C)正常動作。
という結果になり、C)のPC-OP-RCを使うことにしました。
 ってことで、PC-OP-RCのボタンをRM-X4Sに割り当てて
いきます。割り当てたのは、
 ・カーソルキー
 ・Enter
 ・TAB
 ・ESC
 ・数字キーの一部(0,1,2)
 ・モニタの入力ソース切換(BCM切換用)
で、これをソフトに対応させます。以前は、楽ViewVMを動画
再生ソフトとしてつかっていたのですが、同系列のDV
ほうがキー割り当ての自由度が高いので、こちらに変更。
 まずはデスクトップPCに接続して、動作テスト。特に問題
なく動作することを確認。ついでに受光角度もテストしてみた
ところ、上下左右45度ぐらいまでは問題なく動作する。

Nec_1020_4 Nec_1021_4 Nec_1024_2
   一通り、学習とテストがすんだところで、車載PCに
設置する。ALCONはかなり小さいので、運転席膝元の
ヒューズボックスの中に設置することに。ついでにACC電源
もそこから取得。
 赤外線発光部はサイドブレーキの下のシートの隙間に
ケーブル止めで設置USB接続の赤外線受光部は、モニタの
隅に設置。正常に動作することを確認して、ケーブルの処理
して終了。

Nec_1023_2  これで、リモートコマンダーだけで、ほぼ
車載PCの操作ができるようになりました。

|

« 10年間もガソリン誤販売 | トップページ | FF:釣りメモ20060922 »

車載PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車載PC 入力デバイス 導入編:

« 10年間もガソリン誤販売 | トップページ | FF:釣りメモ20060922 »