« FF:Jormungand討伐 第11回 | トップページ | 新しいマザーボード »

2006年7月13日 (木)

デジタルデバイド

 いろいろとムカつくことかがあったのですが、それをここに
書くと怒りが反芻してしまうので割愛(苦笑)。

 連続でゲームの話が続いたので、たまにはまじめな話を。
 以前、エレベータの話でも書いたけど、現在では、情報を
得ることができる人とそうでない人の格差が、昔に比べて
飛躍的に広がっていると思う。

 昔は、世間のニュースを知るには新聞かTVぐらいしか
なかったのが、いまはインターネットと優秀な検索エンジンの
おかげで、自分が望めばいくらでも情報を得ることができる。
いわゆるデジタルデバイド問題は、社会を生きていくに当たって
無視できない程の影響力をもつようになってきた。

 韓国問題,靖国問題,従軍慰安婦問題,三菱社リコール,
新潟地震等々、これらの事件をTV,新聞でしか知らない人と、
インターネットでの情報を知っている人では、雲泥の差が
でるだろう。なぜなら特にこれらの事件については、捏造とは
いかないものの、マスコミの意図的なモノが大きく影響しており
「ウソではないが、意図的な真実」として放映されている。

 ただし、インターネットにおいても、すべての情報が真実では
なく、自分でどれが真実であり、どれがウソであるか判断する
必要があるのは当然である(特にインターネットは匿名性と
集団性において、意見に流されやすい)。ただし、新聞/TVと
ちがって、与えられるだけの一方通行ではなく、自分で
選択肢が選べるという点だけでも、大きな違いがあると
言えよう。

 まあ、ここを見ている人は、インターネットが使えないって
ことはないと思うけどね(笑)。

 「グーグル先生はなんでも知っている。でも[真実]がどれかは
教えてくれない」のです。

|

« FF:Jormungand討伐 第11回 | トップページ | 新しいマザーボード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/10908248

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルデバイド:

« FF:Jormungand討伐 第11回 | トップページ | 新しいマザーボード »