« FF:Shikigami Weapon戦 | トップページ | デジタルデバイド »

2006年7月 9日 (日)

FF:Jormungand討伐 第11回

 ココログがずっとメンテ中で書き込みできませんでした。

----

 ひさしぶりにヨル討伐です。
 今日は私が指揮ではなく某侍のL氏が指揮をとってくれる
そうなので、私はエレの維持と周りの取り巻きボムの掃除を
担当することに。

 すごくひさしぶりのウルガラン登山ですが、特にからまれる
こともなく、すんなりと頂上へ(かなり絡まれた人もいたよう)。
 メインアラ16人+外ケアル&雑魚処理部隊4人で戦闘開始。
初めて討伐した頃に比べて召喚士の数が増えたことで、
削りのスピードは以前に比べて段違いに早く、控えの
ナイトがいない為、ナイトがダウンした時はスリプル維持
してても開始1時間ほどでHP7割ほど。
 ヨルに限らずHNM級は3割からが本番で、案の定、
ホリッドロアでヘイトリセットされたところにタゲがふら
ついてスパイクフレイル。
 幸いにも黒が生き残ってたので、スリプルで寝かし維持
しつつ復旧。多少HPは回復されたものの、崩壊せずに
戦闘続行。その後は特に危なげなく討伐に成功しました。
 ドロップは、メルクリウスポール,水鉛鉱,龍の肉でした。

 今回、特に気をつけた点は、
  ・盾PTの白はケアルを控え、かわりにナイトの空蝉切れに
   合わせてフラッシュをする。緊急時はケアルVを使用し、
   ケアルIII,IVはヘイト上昇を防ぐため、使用しない。
   また、徹底的に敵対心-装備とし、非常用にサポ忍。
  ・ナイト2人は飛行時に[かばう]を使う。特にヴァラーサー
   コート(ナイトAF2胴)をもっている場合、飛行時に積極的に
   [かばう]こと。敵対心+はAF2持ちナイト<通常のナイトと
   調整する。
 の二点です。つまり、飛行時はAF2持ちのナイトが[かばう]
ことでMP回復を行い、地上では空蝉で回避、空蝉切れに
ついては白のフラッシュでサポートする方法です。フラッシュは
揮発ヘイトなので、万が一タゲをとっても空蝉で回避します。

 今後の課題としては、やはりエレの寝かしとボムの処理
ですね。人数がいれば、ボムのほうは殲滅可能なので、
それほど問題にはならないのですが、今回のようにぎりぎりの
人数だと、中盤以降、かなりきつくなります。逆に召喚の数が
増えたので、ボムの数が3以上になったら召喚獣でボムを
殲滅してもらうのがよいかもしれません(特に本気モードに
入る直前にボムを綺麗に掃除しておけば、十分終盤まで
維持可能です)。

しかし、ヨルはともかくティアマットをもう1回ぐらい倒したいなぁ。

|

« FF:Shikigami Weapon戦 | トップページ | デジタルデバイド »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/10908188

この記事へのトラックバック一覧です: FF:Jormungand討伐 第11回 :

« FF:Shikigami Weapon戦 | トップページ | デジタルデバイド »