« インディジョーンズ4 | トップページ | 新社会人 »

2005年6月17日 (金)

大阪ドーム

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200506140006.html

 大赤字で経営破綻した大阪ドームですが、査定が安すぎると
騒いでます。まあ、それぐらいならともかくですが、ずさんすぎる
と思ったのが、保守部品が入手困難で施設の一部が動作不能
とか言ってます。ふつうこういった長期間にわたって使用する
システムの場合、保守部品の年数や寿命を考慮して設計する
ものですが、設計した会社は何を考えていたんでしょうね。

 PCや家電でも、説明書をよくみると「この製品の保守年数は
xx年です」とか書かれてると思います。これはメーカがその製品
の修理をするために必要な部品をその期間は最低維持すると
いう保証です。電化製品はともかく、車とかは膨大な部品点数
ですが、トヨタとかはかなりの年数を保守しているようです。
このへんが世界のトップ企業の貫禄なのでしょうか。

|

« インディジョーンズ4 | トップページ | 新社会人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113441/4548832

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ドーム:

« インディジョーンズ4 | トップページ | 新社会人 »